こころのはなし

こころの病気に関わるいろいろなお話を紹介します。
「こころの病」についての知識をはじめ、
バラエティに富んだ情報を提供するなど、
患者様はもちろんご家族など皆様との交流を目指すコーナーです。

「適応障害」ってどんな病気?⑨

境界性パーソナリティー障害と適応障害

長期間単調な仕事は避けて。定期的に職場を変える

境界性は社会での生きづらさを感じやすい

パーソナリティ障害とは、思考パターンが極度に偏って硬直化しているため周囲と摩擦が生じやすく、本人が苦痛を感じる病気です。自己愛性、演技性などいくつか種類があります。なかでも境界性パーソナリティ障害(BPD)は、生きづらさを自覚しやすく、社会生活上のトラブルで適応障害を起こしがちです。

新奇性希求が満たされる職場がベスト

境界性パーソナリティ障害では、刺激を受けて脳内神経物質のドーパミン値が上がるため、目新しさを欲するようになりがちです(新奇性希求)。仕事や職場に慣れくると不満が表出しやすいのは刺激不足による症状悪化の前兆です。環境を変えて対処するのが有効。同じ仕事でも、つねに改善し、新しい技術進歩のしくみを生み出すことができれば、安定をはかれます。資格などを取得し、同じ業種で転職すれば、スキルアップにもつながります。きちんと治療に臨めば、適応障害の予防も可能です。

つねに他人とのあいだで摩擦が起こる

境界性パーソナリティー障害の特性

  • □ 自分の評価も他人の評価も一定せず、高評価、低評価を揺れ動く。
  • □ とくに見捨てられるかもしれないという不安が強い。
  • □ 危険な性行為、過食、乱暴な運転をすることがある。
  • □ 自殺や自傷のほのめかしをくり返す。
  • □ 気分が数時間ごとに変化する。
  • □ つねに空虚感を抱えている。
  • □ 不適切な強い怒りがわき、コントロールすることができない。
  • □ ストレスを感じると妄想的な思考におちいる。

その他のおもなパーソナリティー障害

自己愛性パーソナリティー障害(NPD)

自尊心が極端に高く、傲慢で横柄な態度で他人を低く評価。自分は過度な賞賛や特別で権威ある人や機関との関係を求める。実際には高すぎる自己評価を保つことが難しく、不安や焦りを抱えている。

演技性パーソナリティー障害(HPD)

他人から注目をされていないと不快に感じ、性的に誘惑・挑発したりする。大げさで、しかし浅薄なふるまい、相手の注意を得るために身体的外見を用い、人間関係を実際よりも親密なものとして解釈する。

治療は2本立てで行っていく

適応障害の対策

固定的な場所で同じ人間関係のなか、単調な仕事を長く行うことは難しく、2~3年たつと強い不満が生じ(ストレス因子)、トラブルが勃発し、関係性の修復は難しくなる。

適応障害の対策

《こんな働き方が適している》

  • □ 独自の技術を身に着けたり、資格をとったりしておき、2~3年ごとに職場を変えていく。
  • □ 出向や異動が多い職場に就職する。
  • □ イベントやプロジェクトごとにメンバーが変わる仕事に就く。
  • □ つねに新しい情報に触れられるような仕事を選ぶ。

境界性パーソナリティー障害の治療

薬物療法と精神療法を用いながら、健全なパーソナリティをつくり上げていく。

※参考文献「『適応障害』って、どんな病気?」ハートクリニック理事長浅井逸郎監修 大和出版

長期間単調な仕事は避けて。定期的に職場を変える

境界性は社会での生きづらさを感じやすい

パーソナリティ障害とは、思考パターンが極度に偏って硬直化しているため周囲と摩擦が生じやすく、本人が苦痛を感じる病気です。自己愛性、演技性などいくつか種類があります。なかでも境界性パーソナリティ障害(BPD)は、生きづらさを自覚しやすく、社会生活上のトラブルで適応障害を起こしがちです。

新奇性希求が満たされる職場がベスト

境界性パーソナリティ障害では、刺激を受けて脳内神経物質のドーパミン値が上がるため、目新しさを欲するようになりがちです(新奇性希求)。仕事や職場に慣れくると不満が表出しやすいのは刺激不足による症状悪化の前兆です。環境を変えて対処するのが有効。同じ仕事でも、つねに改善し、新しい技術進歩のしくみを生み出すことができれば、安定をはかれます。資格などを取得し、同じ業種で転職すれば、スキルアップにもつながります。きちんと治療に臨めば、適応障害の予防も可能です。

つねに他人とのあいだで摩擦が起こる

境界性パーソナリティー障害の特性

  • □ 自分の評価も他人の評価も一定せず、高評価、低評価を揺れ動く。
  • □ とくに見捨てられるかもしれないという不安が強い。
  • □ 危険な性行為、過食、乱暴な運転をすることがある。
  • □ 自殺や自傷のほのめかしをくり返す。
  • □ 気分が数時間ごとに変化する。
  • □ つねに空虚感を抱えている。
  • □ 不適切な強い怒りがわき、コントロールすることができない。
  • □ ストレスを感じると妄想的な思考におちいる。

その他のおもなパーソナリティー障害

自己愛性パーソナリティー障害(NPD)

自尊心が極端に高く、傲慢で横柄な態度で他人を低く評価。自分は過度な賞賛や特別で権威ある人や機関との関係を求める。実際には高すぎる自己評価を保つことが難しく、不安や焦りを抱えている。

演技性パーソナリティー障害(HPD)

他人から注目をされていないと不快に感じ、性的に誘惑・挑発したりする。大げさで、しかし浅薄なふるまい、相手の注意を得るために身体的外見を用い、人間関係を実際よりも親密なものとして解釈する。

治療は2本立てで行っていく

適応障害の対策

固定的な場所で同じ人間関係のなか、単調な仕事を長く行うことは難しく、2~3年たつと強い不満が生じ(ストレス因子)、トラブルが勃発し、関係性の修復は難しくなる。

適応障害の対策

《こんな働き方が適している》

  • □ 独自の技術を身に着けたり、資格をとったりしておき、2~3年ごとに職場を変えていく。
  • □ 出向や異動が多い職場に就職する。
  • □ イベントやプロジェクトごとにメンバーが変わる仕事に就く。
  • □ つねに新しい情報に触れられるような仕事を選ぶ。

境界性パーソナリティー障害の治療

薬物療法と精神療法を用いながら、健全なパーソナリティをつくり上げていく。

※参考文献「『適応障害』って、どんな病気?」ハートクリニック理事長浅井逸郎監修 大和出版